Introduce Advisors

アドバイザー紹介

Introduce Advisors

アドバイザーの紹介

真田知紗都

経験スポーツは「バレーボール」 主将と北海道主要大会で個人賞受賞を経験。現在は、学生の就活サポートをしながら 北海道でスポーツが持つ可能性を広げていくことに挑戦中。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「失敗する事」

羽野良輔

経験スポーツは「柔道、ヨット」 主将として練習メニューやチーム体制を一新し、全国大会出場も経験。 現在は、マイナースポーツの価値向上に挑戦中。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「失敗から学ぶことの大切さ」

熊谷麗

経験スポーツは「サッカー」 9歳からサッカーを始め、全国大会にも出場。 大学ではサッカー同好会から部に昇格をさせ主将を務める。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「自分が選んだ道を正解にする力」

田中渚

経験スポーツは「バドミントン」 8歳からバドミントンを始め、全国大会にも出場 これまで2,000名を超える学生の就活を支援。子育てと仕事を両立し社内表彰も受賞経験あり。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「プラス思考」

外山茜

経験スポーツは「バスケットボール」 大学在学中に小学校の非常勤講師をしながら大学リーグ運営を支援。 これまでに約2,800名以上の学生をサポートする傍ら、自社の採用担当としても活動。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「選択肢は自分次第で無限大に」

嶋田春奈

経験スポーツは「ソフトボールとラクロス」中学から高校卒業までソフトボール部で活躍し、大学からラクロスに転向。九州選抜では主将を務め、大学4年時には優秀選手賞を受賞。今でも活かされている、スポーツから学んだことは「主体的に行動することの大切さ」

萩尚寛

経験スポーツは「硬式野球」高校時代は主将を務め、創部4年目のチームを牽引、その後関西1部リーグの大学から推薦も貰うが、学問を深めるために進学を選択。この仕事を通じて人に影響を与えられるような人間を目指し活躍を誓う。今でも活かされている、スポーツから学んだことは「目標が1日1日を決める」

田所佑也

経験スポーツは「バドミントン」 7歳からバドミントンを始め、全国選抜団体3位入賞を経験。 大学卒業後は東証一部上場のメーカー企業に入社し、営業職に従事。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「言われたこと以上をやる」

新谷萌音

経験スポーツは「空手」4歳から空手をはじめ高校・大学と全国大会で上位入賞。スポーツフィールド初の産休育休期間を経験して復帰後、年間200名以上の学生へ就活のサポートを行う。今でも活かされている、スポーツから学んだことは「支えてくださる方への感謝の気持ち」

瀬尾光

経験スポーツは「新体操」6歳から競技を始め、全国大会出場を経験。大学卒業後は、教職を経てスポーツフィールドに入社。現在も新体操のコーチをしながら学生の就活をサポートしている。今でも活かされている、スポーツから学んだことは「本当の自信は成功体験からしか生まれない」

佐野浩太郎

経験スポーツは「野球」小学校から大学まで野球を続け、大学では全日本大学軟式野球連盟副委員長を務める。 新卒からスポーツフィールドに入社し、千葉オフィスを立ち上げ後、大阪オフィス、神戸オフィスなど多数地域の就活生の支援を行う。 スポーツから学んだ事は、「努力次第で可能性は無限大」

長浜千尋

経験スポーツは「少林寺拳法」 強豪校のマネージャーとしてチーム全体を支える。 これまでに学生の就活支援、アルバイト支援に加え転職者支援など様々な分野を経験。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「継続は力なり」

井原隆

経験スポーツは「器械体操」 中学と高校ではクラブチームのキャプテンを務め全国大会に出場 大学卒業後は一部上場企業の営業職に従事。スポーツの価値向上を実現するため転職 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「チャンスは全ての人に与えられているが、 チャンスを掴めるかどうかは人による」

森下懸斗

経験スポーツは「柔道」 8歳から柔道を始め高校時代では、高校柔道の三大大会の一つである「金鷲旗全国高等学校柔道大会」に毎年レギュラーとして出場を果たす。 大学卒業後は大手通信会社にて代理店営業、法人営業を経験後、現在に至る。 今でも活かされている、スポーツから学んだことは「礼の精神」